Acoustic Guitar

YAMAKI YM-1000


ym1000_01

YAMAKI YM-1000 Spec:

    • Top:えぞ松単板
    • Side & Back:ハカランダ
    • Neck:マホガニー
    • 指板・下駒:エボニー
    • 糸巻:グローバーゴールドペグ
    • 弦長:640m/m
 1989年頃、大阪で手に入れたギターで、弾いてるうちにオリジナルのピックガードは剥がれてしまい、新たに鼈甲柄のピックガードに交換。コードストロークを弾くと、何とも言えない胴鳴りと迫力ある低音が響いた。憧れのマーチンD41モデルで、とても気に入っていたが、6弦の1フレット〜3フレットあたりが何故かフレット音痴で、チョーキングしながら弾いて音程を合わせないといけなかった事を憶えている。
ym1000_02 ym1000_03

関連記事

  1. YAMAKI F-135
  2. YAMAKI 140
  3. YAMAKI 130
  4. YAMAKI YF-20
  5. YAMAKI YW-50M

コメント

    • 金沢秀一
    • 2019年 2月 12日

    YM1000は今でも生産してますか?
    現在
    ギブソンDOVEとタカミネSA200のカスタムを使ってます。
    ネットで音を聞いて興味を持ちました。
    このモデルの材は、トップはスプルース単版ですが、サイド&バックは
    ハカランダですが、単板でしょようか、合板でしょうか、教えてください。

    あと、価格もお願いします。

      • ballad_maniac
      • 2019年 2月 21日

      金沢秀一様

      ご質問ありがとうございます。
      残念ながら、YM1000は現在は生産されておりません。
      発売元メーカーのヤマキ社も現在は操業しておりません。
      YM1000は、1970年代後半あたりに発売されたギターだと思います。
      材質はトップがスプルース、サイドはしっかり割れ止めが入ったハカランダ単板、バックも単板のハカランダです。
      現在では、数ヶ月に一度位、オークションに出品されますが、110,000〜150,000円くらいで取引されている様子です。
      私の所有していた個体は鳴りはよかったのですが、1フレット、2フレットあたり、フレット音痴で、当時の国産ギターがそのような傾向にあったとのことです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP